日常生活自立支援事業 ・成年後見センター

日常生活自立支援事業(地域福祉権利擁護事業)

認知症や知的障害・精神障害等により日常生活上の判断が十分できず、日常生活に不安のある方が、地域で安心して生活できるように支援する福祉サービスです。

利用できる方

判断能力が十分でなく日常生活に不安を抱えている方で、本事業の利用意思及び契約能力のある方

・福祉サービスの利用についてひとりで選んだり決めることに不安がある方
・毎日の暮らしに必要なお金の管理に不安がある方 など

サービス内容

《福祉サービス利用援助》

  • 福祉サービスの利用または利用停止に必要な手続
  • 郵便物等の確認や必要な手続の代行や同行
  • 悪質訪問販売等の消費トラブルなどへの対応
  • 日常生活の相談支援

《日常的金銭管理サービス》

  • 福祉サービスの利用料の支払手続
  • 医療費・税金・公共料金・家賃・日用品等の支払手続
  • 年金や各種手当等の受給手続
  • 上記の支払に伴う預金の払戻・預入等の手続

《書類等預かりサービス》

  • 年金証書、預貯金通帳、証書
  • 実印、銀行印
  • その他、本会が適当と認めた書類

利用料

・相談無料
・契約後、支援内容により利用料が必要

  • 金銭管理サービス→ 1,870円/回
  • 書類等預かりサービス→ 6,300円/年

詳しくは以下をご参照ください。
» 日常生活自立支援事業、成年後見制度 山口県社会福祉協議会

お問い合わせ

日常生活自立支援事業(地域福祉権利擁護事業)について

防府市社会福祉協議会

電 話:
0835-22-3907
相談日:
月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)
時 間:
8:15 ~ 17:00

法人後見受任事業

成年後見制度とは

成年後見制度は、認知症などの精神上の障害により判断能力が不十分な人に対して、家庭裁判所に申立てを行い、成年後見人等を選任して、本人の意思を尊重しながら法的に支援する制度です。

法人後見受任事業

親族や専門職による後見人が得られにくい方に対して、本会が成年後見人等に就任します。

対象者(以下1~3 すべてに該当する方)

  1. 市内在住の方
  2. 親族による後見を受けられない方
  3. 経済的な状況により外に適切な後見人を得られない方

防府市成年後見センター

市民の皆様の安心した生活のため、成年後見制度の情報提供・相談・手続支援を行うセンターです。

成年後見制度については以下をご参照ください。
» 成年後見制度とは 厚生労働省

事業内容

① 成年後見に関する相談受付
  • 市民や福祉関係者から成年後見制度に関する相談受付
  • 成年後見制度の利用手続や申立に関する情報提供
② 成年後見制度の普及・啓発
  • 市民向けセミナーの開催
③ 親族後見人の支援
  • すでに後見人等になられている親族の方の悩みや相談受付、後見活動支援
④ 成年後見制度利用促進
  • 成年後見制度等が必要な人の発見、早期からの相談対応
  • 地域課題の情報共有や支援策の検討、見守りや支援
  • 福祉・法律の専門職団体等との協力、地域連携ネットワークの整備

このようなお悩みや不安はありませんか?

財産のこと

  • 最近物忘れがひどく、通帳の置き場所を忘れてしまう
  • 訪問販売などの悪徳商法の被害を受けている

契約のこと

  • 家族や自分が認知症のため、福祉サービスの契約が出来ず困っている
  • サービスを利用しているが、本人の希望が尊重されていない

将来のこと

  • 一人暮らしで、将来、認知症や病気になったらどうしよう
  • 自分が亡くなった後、障がいのある子どもの将来が心配

制度のこと

  • 成年後見申立て手続きが分からない
  • 成年後見制度について詳しく知りたい

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

成年後見制度・法人後見受任事業について

防府市成年後見センター

電 話:
0835-28-7768
相談日:
月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)
時 間:
8:15 ~ 17:00